ビーポーレン 110g K9104

2,160円(税込)

購入数
与え方
●給与目安量(1日量):体重5kg当たり、小さじ1/2杯
※酵素を含んだ食事には、上記の半分量

ほんの少しでいいんです。
全く違います。
人も食べれますので、物凄く疲れた夜に、ティースプーン1杯食べてみてください。
翌日までの回復力の違いを実感していただけると思います。
エネルギーの補充ではなく、足りない栄養素の補給により、自己回復力、自己治癒能力
があがるのです。

多くの貴重な栄養素が含まれているビーポーレンはミツバチが集めた花粉を分泌液により固めたものです。Dr.ハービーはビーポーレンを生きていくうえで必要な栄養素をすべて含むスーパーフードと呼び、たとえ少量でも毎日摂取することは大変有意義であると主張しています。


●原材料:蜜蜂花粉100%

●主成分
ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸、酵素、補酵素、フラボノイド、リコピンなど

○ビーポーレンとは?
Bee Pollenはミツバチが花蜜を集めているときに体に付着した花粉に酵素を加えて団子にしたもので、後ろ脚の花粉バスケットと呼ばれるくぼみに固めて巣に持ち帰ったものです。
働き蜂はこのBee Pollenとハチミツを全ての栄養源として摂取し、またこの2つの原材料をもとに体内で女王蜂の餌となるローヤルゼリーを生産しています。
もし彼らがハチミツだけを摂取した場合は、ミツバチたちは生きていけません。

Bee Pollenはクレオパトラも食べていたとされ、古代エジプト、中国、古代ギリシャ、ペルシャなど太古から美容や健康に役立つ食品として食べられてきたとされております。
ビタミン、ミネラル、キレートミネラル、酵素、アミノ酸、ホルモン様物質、抗菌物質、繊維質、不飽和脂肪酸などをはじめ、未だ解明されていない成分も多いといわれており、最近の分析研究の結果、プロポリスの重要成分であるフラボノイド類29種の存在(量的にはわずか)が確認されています。
また、Bee Pollenには多くの活性型栄養素を含み、特に欧米では、100を超えるといわれる栄養素や生物化学的に価値の高い成分について、学術的に研究されています。
現在、欧米や日本においては健康補助食品として多くの人々に利用されています。
人間以外にも、競走馬の飼育上では欠かせない補助飼料のひとつとなっています。

○Bee Pollenに含まれる成分について
<酵素>
ビーポーレンに含まれる様々な酵素のなかで、フォスファターゼの活性は生きている種子と同じくらい強いと言われています。その他、消化のためのアミラーゼなども多く含んでいます。

<アミノ酸>
もともと、花粉中には40%ほどのアミノ酸がふくまれており、それがBee Pollenに多くのアミノ酸が含まれている要因です。

<活性ビタミン>
一般的に、加工食品やサプリメント類に使用されている添加されたビタミン類は、不活性型が多いとされています。
Bee Pollenには活性型ビタミンが含まれており、吸収率の良さは不活性型の10倍とも言われています。

<天然の抗生物質>
フランスのラビー博士は、花粉中に強い抗菌物質が含まれると研究発表しています。

■ビーポーレン
筋力の向上
持久力の向上
疲労回復
新陳代謝の向上
消化力の向上
高齢犬の健康維持

Bee Pollen はミツバチによって集められた、天然の花の花粉を精製して作られた補助飼料です。
投与後、通常3〜6週間で顕著な変化が認識できます。

まず最初の3週間で被毛の艶が増し、目の表情が生き生きとし、運動が活発になります。
また、消化機能や栄養素の吸収力の向上が挙げられます。
これはBee Pollen に含まれている多くの種類の酵素が体内に取り入れた飼料の分解を助けるためです。
そのため消化力の弱い馬には特に有効で、飼料の消化と栄養素の吸収を助け、新陳代謝機能を高め、疲労回復、仙痛予防に効果的です。

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。